Top >  更年期障害について >  更年期障害と原因2

スポンサーサイト

更年期障害と原因2

更年期障害の症状は、いろいろとありますが、ホルモン低下によるほかにも、性格原因がといわれています。
ひとつとして、性格によるものが挙げられます。うつ病と一緒ですね。うつ病もその人の性格があげられます。性格によって、症状も寝つきが悪いことやイライラするなどにかたよるそうです。生命を維持したり、男女の違いを作ったり、新陳代謝を促したり、感情をコントロールしたり、さまざまな働きをしています。ホルモンの分泌をコントロールしているのは、脳の中枢に視床下部。更年期障害の原因として、更年期といわれる年代の女性の生活が挙げられます。この原因によって、更年期障害の治療方法も変わってくることもありますから、信頼専門医に相談することをおすすめします。

スポンサーサイト

 <  前の記事 更年期障害と原因1  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と原因3  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18561

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。