Top >  更年期障害について >  更年期障害と原因3

スポンサーサイト

更年期障害と原因3

思春期に入ると卵巣では女性ホルモンの分泌が始まって、女性ホルモンの分泌が十分量に達すると初潮を迎えて月経が終了する頃には規則的な排卵周期ができてきます。その後は卵巣機能は低下することとなり、月経が見られなくなって閉経を迎えることになります。卵巣の機能が停止するまでは女性ホルモンの分泌は続いています。65歳から老年期と呼んでいますが、女性ホルモンは卵巣からは副腎からわずかに分泌が続くといいます。
やはり女性ホルモンが大きく影響されてますね。女性ホルモンの投与は健康、改善、性欲の回復、肌のハリやつやの向上などに効果があるといわれていますが、殆ど意味が無いという報告もあります。ホルモン量が多すぎるのが一番の問題のようです。療法については、不調や卒中、血栓などの深刻な発がん性が向上するといった問題点も指摘されているため、注意が必要と思われます。

スポンサーサイト

 <  前の記事 更年期障害と原因2  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害の症状  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18562

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。