Top >  更年期障害について >  若年性更年期障害

スポンサーサイト

若年性更年期障害

若年性更年期障害とはどんな病気なのでしょうか?若年性更年期障害は俗称でありこのような名の病気はありません。更年期に達していない方がストレスなどでホルモン分泌が一時的に低下し、卵巣の働きがスムーズに行われない状態のことを若年性更年期障害とよんでいます。といって残業が免除されるわけではありません。
若年性更年期障害の女性が増えているのです。乱れ、さまざまな症状が出てきます。このストレスのよるホルモンバランスの乱れで若い女性が、生理が不順になったり、月経が無くなってしまうのです。月経がなくなると、卵巣からでるエストロゲンの分泌が減り、このように若い人でも更年期障害の症状が表れるので十分気をつけてください。

スポンサーサイト

 <  前の記事 更年期障害とプレ更年期2  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と原因1  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18559

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。