Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と自律神経失調症

スポンサーサイト

更年期障害と自律神経失調症

更年期障害の症状が自律神経失調症から更年期障害によって自律神経失調症の症状があらわれたりと、更年期障害と自律神経失調症は深い関わりがようです。更年期障害と自律神経失調症について、知っておきましょう。更年期障害とは、閉経前後の女性ホルモンの低下と、加齢によって起こる心とさまざまな症状です。更年期障害の症状は、肩凝り、腰痛、骨粗鬆症、高脂血症などが挙げられます。自律神経失調症とは、肩凝り、頭痛などの症状があり、症状がおさまらないようです。自律神経失調症の原因は、ストレスが重なり、抑えきれなくなったときに起こる、自律神経の乱れによります。真面目で、仕事熱心、他人の目が気になる、環境の変化に順応しにくいなどの性格を持った人が、自律神経失調症の症状がといわれています。これが自律神経失調症という状態です。交感神経と副交感神経の二つがあり、起きている時は心臓を活発にするため交感神経が、寝ている時は働きをために副交感神経が働くというように、相反する働きをしながら、互いにバランスをとって働きを調節しています。

スポンサーサイト

 <  前の記事 更年期障害と治療4  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とうつ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18569

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。