Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と高血圧

スポンサーサイト

更年期障害と高血圧

高血圧はストレスや塩分のとり過ぎなど生活習慣の影響が大きいのですが、更年期による自律神経の乱れが影響することもあります。高血圧は更年期障害とも密接な関係にのですね。更年期障害は乱れを引き起こします。
更年期特有のストレスも高血圧に悪影響を及ぼします。更年期になると心配したりと精神的にも状態が続いて、ストレスも増大します。高血圧になることもあります。高血圧があります。高血圧には、エストロゲンの減少が関係していると言われています。エストロゲンの分泌を調整するのは視床下部ですが、更年期にエストロゲンが減少し始めると、視床下部は、エストロゲンの分泌を促すことに集中するようになります。高血圧の症状が出る場合があると言われているのです。このような仕組みによる、更年期の一過性の高血圧の場合は、更年期の時期を過ぎ、体調が落ち着くに従って、安定していくことが多いようですが、まれに本格的な高血圧となってしまうケースもあるようですので注意が必要です

スポンサーサイト

 <  前の記事 更年期障害とうつ  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と診断  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18571

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。