Top >  更年期障害と男性 >  男性更年期障害の症状

スポンサーサイト

男性更年期障害の症状

原因は更年期障害と同様、ホルモンの分泌量が急激に減少することと深い関係がといわれています。男性ホルモンは生殖機能の調整を増強を促したりと、体つきや精神を維持する役割があります。更年期時期による低下によって、筋肉が集中している関節部分が痩せていき、関節部分に痛みを感じるようになります。場合は40代後半から60代前半にかけて更年期障害が起こりやすいといわれています。男性更年期に該当する時期の関節痛が、男性更年期障害のサインであることも十分に考えられるのです。男性は性問題をタブー視する傾向が強く、早朝勃起の消失や性的活動の著しい低下を、あまり重視していない場合が多い。男性が活性と自ら認知しうる重要なサインとなるので、軽視してはなら症状の一つだ。

スポンサーサイト

 <  前の記事 男性更年期障害  |  トップページ  |  次の記事 男性更年期障害と診断  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18574

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。