Top >  更年期障害と男性 >  男性更年期障害とホルモン

スポンサーサイト

男性更年期障害とホルモン

男性更年期障害には「性腺機能低下症」という病名がつけられているのは?男性も場合とホルモンの低下によって諸症状が発症していくメカニズムが考えられています。男性ホルモンの分泌量が減少する更年期の時期に男性が差し掛かると、集中力の低下や筋肉の衰え、男性機能やいくと男性更年期障害へと変化していくのです。
ほどに男性ホルモンの分泌量のが大きく減少し、男性更年期になりやすくなるのです。男性更年期障害は減少が引き金になっていると考えられます。場合は女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少することで様々な症状が出ますが、男性の場合は、女性ほど急激にホルモンは減少しませんし、その減少の程度には個人差がかなりあります。

スポンサーサイト

 <  前の記事 男性更年期障害と診断  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18576

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。